ホーム > エッチな体験談 >

近所の奥さん

ある日、家の玄関をノックする音がした。

玄関を開けると、そこには近所の奥さん。

回覧板を持ってきたのかと思ったら…

今度、お茶しませんか?と誘ってきた。

OKの返事をすると、携帯を取り出しお互いの番号とメアドを交換する近所の奥さん。

旦那や子供がいない時に連絡しますと言うと、子供が待つ家に帰っていった。

それから数日後、不意に鳴る携帯。

電話の主は、近所の奥さん。

明日の昼間、お茶しませんか?と奥さん。

翌日、オレと奥さんは別々に待ち合わせ場所のファミレスへ。

奥さんは、子供が帰ってくるまでと前置きしたうえでオレと雑談を始めた。

雑談を終え、ファミレスを出る二人。

ファミレスから歩いて帰ろうとするオレに、車で送りますという奥さん。

オレが近所に見られてはマズイというと、強引にオレを助手席に乗せクルマを走らせた。

引っ越してきたときから、ずっと気になっていたんですと奥さんがオレに打ち明けた。

オレも奥さんのことが頭から離れません。というと、奥さんがうれしそうに笑った。

次逢う日を決めて、家の手前でクルマを降り、奥さんを見送った。

でも、近所の奥さんがオレのカラダ目的だったとは…

前の記事: エッチな専務

次の記事: PTA会長