ホーム > エッチな体験談 >

同じクラスだった子

小学5年のとき、家族旅行で、姉と温泉大浴場に入ってて、
偶然、おなじクラスの男子が家族と入ってきた。
車でずいぶん遠いところで、しかも女湯なのに。
えー偶然って感じで、そいつに声かけた。
湯のふちに並んで腰かけて、二人で話がはずんだ。
おたがい無防備で、でも意識しないっていう雰囲気で、
学校ではありえない事で、ずっと話してて楽しかった。
そいつが、どこをちらちら見てたのかはわかった。
そいつのも遠慮なく見てやった。
ちゃんと皮がむけてた。



そいつの家族が先にあがった。あいさつした。
姉がきて、そいつのとなりに座って、空気が変わった。
姉がよろしくねと言って、そいつに体を寄せた。
こっちからも押して挟みうちにしてやった。
まわりのおばさんたちから、注目されてた雰囲気。
そいつが窮屈そうにしてるのが面白くて、
太腿とか押付けてやった。
そいつ、急に手でおさえた。ぼっきしやがったに違いない。
次の朝、学校でだまっててくれって言われた。



大学2年のとき、偶然そいつに駅で再会して、
結局、そいつのアパートに泊まった。
お互いエッチは初めてではなかった。
そのわりに、手でもんだら、一回目がすぐ出てしまって、
一瞬、気まずい雰囲気。
小学生の温泉大浴場でのこと話したら、実は、しばらくは、
ひとりエッチのおかずにしてたって言ったので、
ふき出して一緒に笑った。
今度は自然に挿入してきて、ピッタリサイズで、
いい雰囲気でエッチできた。

前の記事: お泊り会 銭湯で露出1

次の記事: 小6で