ホーム > エッチな体験談 >

娘をセックスマシンにした

私は40歳 4年前 妻が事故で急死し 淋しさのあまりに当時12歳、小6の娘、優菜を犯してしまい 現在16歳になつたいまでもほとんど、毎日 体を貪り続けています・・・・・                 この4年間に私は優菜に あらゆる性戯を教えました 体位、精飲、飲尿、淫語、 すべてを・・・    1000回以上 性交し使い込まれ 綺麗に剃毛したマンコは黒ずみ とても高校生のものではなく  陰部だけを見れば30代の主婦のようで 淫唇は大きく肥大しクリトリスは大豆くらいに突起、何とも 卑猥な下半身に成長した 私のセックスマシンが今ここに目の前にありました・・・            さあ 今夜も快楽の宴が始まりました。  優菜はすでに全裸になり 私を求めて股を開いています 「 あなた・・今日もいつぱい 逝かせて下さいね・・・」  2年前から娘は私をそう呼びます       前戯にはタップリと1時間はかけます  下着を取り 裸になつた私は優菜の口を吸い 乳房を揉み 右手で陰部を触ります もう すでにネバネバの愛液を出し始めた娘は淫語を連発しだしました。   「 クゥー・・・あなたァ・・・マンコが気持いい・・・お汁吸ってほしいわあ・・・・」                肉芽を口に含み 肛門からべつとりと舐め上げたがすぐに優菜は白濁液を溢れさせ 私は吸うのだ 娘は女上位の69になり バキュ―ムフェラを始めた 自分からイラマチオをし 唾液まみれのフェラにいつも 私は逝かされ優菜の口に射精し 娘は飲むのです。    5分もすれば回復する私は優菜の蜜壺へ差し込み注送を始めます 腰を同調させ額に汗を流しながら貪欲な娘は又 叫びます     「 ヤバい・・ヤバい・・もう・・逝く・・逝く・・逝きたい・・・・」   私は動きを速めて同時に果てました   ドロリと大きく開いた優菜のマンコから精液が流れ落ちていました。