ホーム > エッチな体験談 >

遠距離恋愛2

銀座のお洒落なバーで出会って遠距離恋愛を始めた彼女が今度は平日に突然上京して私の部屋に来てくれました。彼女は家事の七つ道具にエプロン、軍手などを持参し部屋を片付ける気満々でした。到着するなり部屋掃除をしてくれました。2時間後には見違えるような快適な部屋になりました。レイプのハメ撮りを収めたBD-Rが見つかってしまいましたが、彼女は男のアダルトDVDと思って何も口出ししませんでした。

次にルンルンと台所に立つとエビグラタンを中心に地中海料理とサラダを夕食の食卓に並べました。それがまた実に美味しかったです。素直に美味しいとほめるとちょっと頬を赤らめ「良かった。嬉しい。」と小声で言いました。彼女は「本当はあなたの御口に差し上げたいお料理は100種類くらいあるの。」とアピールして私は完全に胃を掴まれてしまいました。思わず「私は君のような奥さんが欲しいんだ。」と本音を漏らしてしまいました。

食後入浴してベッドインをしました。彼女を妊娠させるために禁欲して精液を蓄えてきたのです。それを彼女のヴァギナにつぎ込むと思うだけで硬く鋭く勃起したペニスがうずきます。この子種を絶対に彼女のお腹につけてやると思いました。彼女は下着姿になって私の床に入ると「今日は安全日ですから、その避妊しないで下さいね。」と甘えてきました。私はキスから初めて全身を舐めながら彼女を全裸に剥きました。彼女は白い無地のごく大人しい下着をつけていました。彼女の下着姿は清楚で美しかったです。

恥ずかしがる彼女の股をひらいてクンニの態勢をとり下から順に陰裂の中をなめてクリトリスをソフトにタップリと刺激しました。彼女は愛液が多いです。正直に女性器を綺麗だよとほめました。彼女が挿入を赤ら顔で恥ずかし気に促すので我慢汁を流すペニスを早速、生で入れました。眠らせた女とは全く別次元の快楽に襲われました。彼女は私にしがみついてきたので正常位から上体を倒して体を密着させました。腰を使って少しピストンしましたが彼女の膣内性感はあまりないようでした。

彼女に「もう頂戴。」と射精を促されたので1発目を発射しました。本当に大量の精液がドクドクとペニスから出て彼女のヴァギナの奥に吸い込まれました。その時の快感は表現のしようがないほど猛烈でした。結局ペニスを彼女から抜かずに4発の連続射精をしました。子種が漏れないよう性器を繋いだまま1晩寝ました。翌朝早く「私はあなたの愛を沢山頂戴できて幸せです。」と言って起き朝食を食べさせてくれるとすぐ帰ってしまいました。私も早朝出勤の用意をしました。

それから暫く経った今朝早く、平日なのにまた彼女が訪ねてきました。真剣な顔で大切なお話があるというので私は会社を休みました。彼女は「昨日は病院に行ったの。そうしたらあなたの子供を妊娠していると言われたの。」と私の眼を真剣なまなざしで見つめて言いました。私は出来婚作戦成功を喜びました。「私はあなたの子を産みます。あなたからは絶対に離れません。」と彼女に言われたので、大喜びでプロポーズして万歳しました。彼女はうれし泣きをしてくれました。記念に彼女と寝たかったですが妊娠初期のセックスはダメだそうです。

そこで綺麗な乳房に甘えさせてもらい固く立った乳首を吸ってバストの甘い香りを楽しみました。羞恥心の強い彼女はそれだけで真っ赤になりました。スカートに潜り込んで淡い淫臭も楽しませてもらいました。ペニスがうずいて仕方がなかったのでうぶでフェラチオの仕方を知らない彼女に手コキをして貰いました。恥ずかしがる彼女を説得して硬く立ったペニスにたっぷり唾液を滴らせてもらって良くまぶしコンドームを付けて貰って彼女の柔らかい手でしごいて貰いました。気持ち良く射精が出来ました。

これから両家の顔合わせなど式まで面倒は多いですが時間がないので迅速に進めたいと思います。両親にも彼女を連れて朝から報告に行きました。これから新居を探しに友人の不動産屋に行くつもりです。あんな素敵な女性との遠距離恋愛が実って彼女が妻になり子供を産んでくれるのは本当に嬉しいというのか幸せです。セックスはあ妊娠が安定期に入ると楽しめるそうなので、そうなったらガンガン犯してテクニックを仕込み私好みの女に改造したいと思います。