ホーム > 人妻体験談 >

妻を目で犯す義弟


私の妻は三姉妹で2人の妹がいる。
妻(41歳)は長女で、実家に住み、私は婿養子である。
お盆には毎年、義妹家族が集まることが恒例となっている。
また今年も集まった。
次女の家族は、子供が熱を出したため欠席。
私の家族と三女の家族が飲み会をすることになった。

三女の夫(M君、39歳)とリビングでお酒を飲みながら世間話を話していると、ふと気づいた。
妻がお酒や料理を運んでいる時、M君の目線が妻の方に行くことに。
はじめは気のせいかと思ったが、よく観察して見ると偶然ではなくしっかりガン見している。
その視線の先は妻のお尻だった。

妻の胸とお尻は大きい。
義妹と違って少しぽっちゃり系だ。
夏なので薄手のTシャツに短パン。
少し小さめの短パンなので、パンティーのラインがくっきりと見える。
ブラジャーも薄っすらと透けて見えている。
M君は酔っているとはいえ、まるで妻を目で犯すような視線を送っていた。

夜も遅くなってきたので順番に風呂に入ることにした。
最初に三女の家族。
次に妻と子供達。
私が入って、最後に義理の母の順番だった。
風呂から出て、それぞれの家族は部屋に戻って寝ることに。
義妹家族は2階の別部屋で寝ることになった。

私が風呂から出て2階に上がると、妻と子供が歯磨きをしていた。
その横にM君が立って妻に話しかけている。
M君の目線の先が妻の胸にある。
妻はノーブラだ。
妻はいつも家にいる時はノーブラで、もちろん寝る時もそうである。
白いTシャツなので大きい胸の形はもちろん、乳首まではっきりと見える。

(義弟は完全に妻を目で犯している!)

まずいと思ったので、妻に「早く部屋に戻って」と言った。
理由については話さなかった。
夜中の1時頃、喉が乾いて目を覚ますと、誰かが階段を下りる音がした。

(誰だろう?義妹か?)

しばらくしてから私も階段を下りて台所へ行った。
脱衣場の電気が点いている。



(ん?義妹かな?)

とりあえず喉が乾いていたので水を飲んで、脱衣場の様子を見に行った。

(誰かがシャワーでも?)

しかしシャワーの音は聞こえない。
それにみんなもう風呂は入ったはず。
不思議に思い、台所の電気を消し、ドアを少し開けてこっそり観察した。
しばらくすると脱衣場の電気が消え、ドアが開いた。
中から出てきたのはM君だった。

(何をしていたのだろうか?)

M君はそのまま2階に上がって行った。
しばらく経ってから私は静かに脱衣場に行った。
電気を点けてみたが、何も変わったところはなさそうだ。
浴室もシャワーを浴びた跡もない。

(?)

ふと気になって洗濯機を開けてみた。
最初に目についたのは、一番上に置いてある妻のパンティーだった。
風呂の順番から言うと、妻は私よりも先に風呂に入ったはず!
それがなんで一番上にあるのだろうか?
とりあえず妻のパンティー(その日は黒だった)を洗濯機から出してみた。
広げて見てビックリした。
クロッチの部分に白いネバネバした物が付いている。
それも、かなり大量に!
それが何か、すぐにわかった。
なぜ義弟がこんな事をするのかという怒りよりも、まるで妻がM君に犯され、中出しされたような変な気持ちになり、心臓がドキドキしてきた。
一応確認のため、臭いを嗅いだ。
やはり精子の強い臭いがした。
私はパンティーをシャワーで洗い、白い物を落としてから洗濯物の奥の方に戻した。

次の朝、妻もM君に明るく挨拶をしている。
M君も笑顔で答えていた。

妻は何も知らない。
昨夜、M君の頭の中で犯され、中出しされたこと・・・。
今後もM君が泊まりに来た時は犯され続けるということ・・・。
M君の欲望が頂点に達した時は、本当に犯されるかもしれないこと・・・。
あの白い大量の濃い精液を、妻の中に注がれる日が来るかも知れないこと・・・。

M君の目線は今も妻のお尻にあった。