ホーム > 新着記事 >

風呂で寝たふりをして、様子を見に来た義母に寝ぼけて抱きついた結果

お盆に妻の実家に行きました。そもそも東京→北海道と遠い事もあり、あまり行かないので義母とはほとんど話したことがありません。妻の実家は義母と義兄家族4人、5人で住んでるのですがその義兄の家族が奥さんの実家に泊まりに出かけてしまったため、その時は妻の実家には義母がひとりだけでした。21歳の妻は地元に戻って羽を伸ばしている様子で、毎日のように同級生など友達と遊びに行っています。私も昼間は義兄のバイクを借りてツーリングに行ったりしてましたが、夜は特別やる事も無いので退屈でした。
その上、あまり話した事も無い義母と2人きり・・・なんとなく気まずい雰囲気のまま時間が過ぎていきました。
そんな中、3日目の夜。妻から「今日○美の家に泊まっても良い?」とメールが来ました。義母の手前、厳しくするわけにもいかず、しぶしぶOKしました。
迎えに行かなくて良いのなら、と諦めて酒を飲むことにしました。義母にも勧めたのが良かったのか、話がはずみました。妻の事や北海道の話がはずみ、まだ作っていない子供の話に・・・勧めた割にはあまりアルコールに強くない私はかなり酔ってて「お義母さん 作り方おしえて」なんて言ってしまいました。
もちろん義母にやんわり断られて、ちょっと落ち着いたので交代でお風呂に入ることになりました。
もう酔ってた訳ではありませんが、わざとゆっくり入ました。義母が心配して見に来てくれたのか呼ぶ声がしますが、風呂で寝たふりを決め込み無視していると・・・そっと風呂のドアが開きました。私の様子を見て義母が肩をたたきつつ声をかけてきます。
そこで寝ぼけたふりをして全裸で立ち上がり、義母にキスしてしまいました。
目をあけ「○○(妻)と間違えた」と嘘を付きましたが、ペニスはカチカチ。どうひいきに目に見ても嘘と分かります。
義母の「本当に間違えたの?」に、これはダメだと思ってすぐに謝って「一度だけ」と言って抱きしめたら・・・そのまま義母にキスされ、ディープキスになりました。
唇の感触を楽しんだ後、義母の部屋に行って服を脱がせて、布団でお互いに身体をまさぐりあいます。
義母は当時46歳。垂れてるとはいえ妻よりも遥かに大きな胸で、パイズリも感激的な気持ちよさでした。
私の18センチのペニスが義母のマンコの根元まで入り・・・感じてくれる義母の姿にまた感激しました。妻は根元まで入らないし、痛がるので途中までしか入れられません。正直欲求不満だったのです。
義母は痛がる様子もなく、本当に気持ちよさそうにしてくれます。私も最初こそ心配でしたが、大丈夫と安心できたのでズコバコと突きまくっているうちに、義母からも「大きくて気持いい」と何回も喜んでくれました。
最後は義母の奥にザーメンを放出。大満足のセックスができました。
その後もチャンスを見はからっては義母と帰るまでに計6回・・・義母は「ン十回かな?」なんてトボけていましたが、かなり満足そうでした。
東京に帰ってからは寂しく、義母とは毎日TELやメールでやりとりをしています。妻とのSEXなんかも報告しています。
妻にはゴルフと言ってますが、9月の3連休は北海道のホテルで義母と過ごす予定です。妻よ・・・ごめんなさい。

・オリジナルの体験談一覧はこちらをクリック
・家庭教師先のママさんは、同級生よりも可愛くてエッチだったー完ー
・ツーリングに行ったら、道の駅で男の娘に話しかけられた6
・不妊に悩む妻と、オタクで童貞の兄が始めた代理子作り(kindle)
・友人夫婦と食事をしてたら、アレのサイズの話になって2
・嫁がパート先の工場長に、シリコンリングで身も心も堕とされていた4
・久しぶりに妻と温泉宿に行ったら、イケメン二人に声をかけられた3
・無邪気で可愛い母が、大家さんに寝取られ堕とされてしまったー完ー

【他サイトのエッチな幼妻、淫乱な熟妻の体験談はこちら】