ホーム > 新着記事 >

妻のママ友がプールで股間を触ってきた

3連休のことです。うちの息子と、その友達、合わせて3人でプールに遊びに行きたいという話になったのですが、あいにくうちの妻がどうしても仕事がはずせないと言うので、私が連れて行くことになりました。
妻は看護師をしていて、こういう事はどちらかというと土日が休みの私の担当になっています。前日に妻が一緒に行く友達のお母さんたちと連絡を取り合ってくれて、段取りはつけてくれました。うちの車がステップワゴンということもあり、私が車を出すことになりました。当日、息子の友達2人とそのお母さん2人がうちにやってきました。2人とも、すでに服の下に水着を着用していると言っていました。私は息子と男同士ということもあり、現地で一緒に着替えようと準備していました。
2人のお母さんのうちの1人(さつきさん、32歳)は普通の水着で、その上にTシャツと短パン。もう1人は、ちょっと若いお母さんで(優奈さん、26歳)、セパレートの水着にタンクトップのTシャツとホットパンツ姿でした。
優奈さんが私の妻(智子、35歳)に、「今日は旦那さんを誘っちゃおうと思ってるの!奥さんいい?」なんて冗談を言いながら車に乗り込んできました。妻も、「優奈さんみたいな若い奥さんが誘っちゃったら、うちの主人すぐついて行っちゃうと思う。でもそれ冗談にしといてね」なんて話しています。その横で私の下半身は、すでに優奈さんの服装に反応済みでした。
しかも優奈さんは助手席へと乗り込んできました。さつきさんは、「後ろで子供たちを見てあげるから」と何やら気を遣っているかのようなことを言っていました。
1時間ちょっと走って現地のプールに到着しました。3連休の初日ということもあり、朝からたくさんの人で賑わっていました。私は子供たち3人を引き連れて一緒に着替えました。私も持参した水着に着替えて、子供たちとプールに向かいました。意識してそうなったわけではないのですが、たまたま、私は高校時代に水泳部だったこともあり、その頃に使っていたビキニタイプのものを穿いて行きました。
お母さんたちも水着姿になり、プールサイドに出てきました。前から知っていたのですが優奈さんのスタイルが抜群で、セパレートの水着に胸がまったく収まりきれていなくて、谷間がギュッと寄せられていて、乳房も半分くらいはみ出てそうでした。そのエロさと、ピンクの花柄というミスマッチな感じが、また私の下半身をそそりました。
子供たちはすぐに子供用の浅いプールに入り、用意していた浮き輪やボールなどではしゃぎ始めていました。後を追うようにさつきさんがプールに入り、一緒に遊んでくれていました。私と優奈さんも遅れてプールに入っていきます。楽しそうに遊んでいる子供たちを尻目に、早くも優奈さんから先制攻撃を受けました。
「修司さん、その水着、今日のために用意されたの?奥さんが来ないってわかったから買ってみたとか?すっごく似合ってますよ。っていうか下半身大きいアピールですか?ひょっとして・・・。私、ますます誘いたい気分ですよ。ほんとに」
そう言うと、右手がさらりと私の股間を確認するかのように触れていきました。
「たまたま高校が泳部で、その時の水着なんです。あえて新調したわけじゃないんです。でも少しお腹も出てきて恥ずかしいですけどね」
「あれっ?今、ビクンって反応したよ!まだ大きくなるってこと?もっといっぱい触ってみようかな?子供たちはさつきさんに任せて・・・。うちの主人の、どこにあるかわかんないんだよね。ちっちゃいって言うか。でも今日わかった!ちっちゃいのもあれば、おっきいのもあるってことよね・・・、智子さん羨ましいなあ」
目の前では子供たちが相変わらずはしゃいでいます。時折、子供たちにも声を掛けていましたが、どうにも優奈さんの右手の動きが気になって仕方ありません。私は子供たちにバレてはいけないと思い、急に思いつきました。
「お父さん、大人のプールで泳ぎたいから、みんな仲良くしとけよ!さつきさんの言うこと聞くんだぞ!」
するとさつきさんが・・・。
「修司さん、高校の時は水泳部だったんだよね。子供のことは私に任せて!あっ、修司さん1人だと寂しいかもしれないから、優奈さんも大人のプールの方へ行ったら?こっちは任せて!こう見えて、私、元保母さんだから!」
(えっ、優奈さんも一緒に来るのか・・・)
一瞬戸惑いながらも、自分でチャンスを広げてしまったことに何か期待もしていました。
「じゃあ、お願いしようかな。あんたたち、本当にさつきさんを困らせないでよ!」
優奈さんはそう言うと、私の後から大人用のプールについて来ました。大人用プールは当然深く、下半身は水の中。中でどこを触ろうがまったく上からは見えません。プールは周回できるようになっていて、ほとんどの客は、水の流れに沿って回っているため、私たちみたいに1箇所で止まっていても誰も気に留めません。
「これで、心置きなく触れるね・・・。私の右手、そんなに気持ちよかった?いっぱい触って欲しくてこっちに来たんでしょ?修司さんってわかりやすいね。当たりでしょ?」
「そんなことないよ、久しぶりのプールだし、ほんとに泳ぎたいだけだよ。ほんとに・・・、うっ、そんなにキツく・・・、やめてくれよ・・・ここ、公衆の場だし」
優奈さんの右手は私のビキニの右側から滑り込み、気づいた時には、直に私の張り詰めたペニスを握り締めていたのです。
「修司さん、嘘つくの下手ねぇ、こんなに硬くなってるし・・・。しかも、すっごくセクシーな声聞かせてくれるし・・・。ここ隅っこの方だし、お互い首まで水に浸かったら大丈夫よ。修司さんも私のおっぱいとか触りたくない?さっきから私の目を見てくれてないでしょ?ずっとおっぱい見てる。優奈のおっきいおっぱい好きなんだ。そう言えば智子さんもグラマーだよね。Eカップあるって言ってた。エッチの時、前戯で智子さんのおっぱいばっかリ吸ってるんでしょ。聞いたんだから・・・。でもね、優奈のおっぱいは、Iカップなんだよ、すごいでしょ?子供できた時もおっぱいの形が崩れるのが嫌で・・・。でもうちの子、おっぱいよりミルク派だったから逆にラッキーと思って。しかも子供産んでおっきくなって、ほぼそのままのサイズ。でもうちの主人はあんまり興味ないみたい」
話を聞いているうちに、なぜか私は言われた通りに徐々に首まで浸かっていき、私も右手で優奈さんのおっぱいを水着のカップの上から撫で回してしまっていました。
「修司さんって正直でいいな。優奈のおっぱいどぉ?柔らかい?気持ちいい?結構すごいでしょ?」「こんなおっぱい見るの初めてだよ!毎日でも触りたいくらい。柔らかくて、弾力があって・・・」
「修司さんの下半身もすごいよ、こんなの初めて・・・。もっと続き、楽しみたいね。でも今日はだめ。さすがに子供いるし、さつきさんもいるし」「今度、日を決めて1度お願いしたいね。相性合うような気がする」
「修司さん、エッチだね・・・。奥さんに怒られるよ。でも嬉しい・・・今日は触りっこするだけね」
結局その後、アドレス交換することになり、プールではこれ以上は起こらず、先に優奈さんが子供たちの所に戻りました。私は2周ほど泳ぎ、何も無かったように子供たちの元へ。
そして来週。子供たちは幼稚園の行事で、園にお泊り会があり、妻もそのタイミングで夜勤が入っており、ついに私と優奈さんはエッチな約束をしてしまいました。バレなければいいのですが・・・。でもそのスリルが、やはりたまらないのも事実です。優奈さんからは、1週間は溜めとくようにと言われているので、これから最後のマスターベーションをしようと思っています。今から楽しみです。

・オリジナルの体験談一覧はこちらをクリック
・家庭教師先のママさんは、同級生よりも可愛くてエッチだったー完ー
・ツーリングに行ったら、道の駅で男の娘に話しかけられた6
・不妊に悩む妻と、オタクで童貞の兄が始めた代理子作り(kindle)
・友人夫婦と食事をしてたら、アレのサイズの話になって2
・嫁がパート先の工場長に、シリコンリングで身も心も堕とされていた4
・久しぶりに妻と温泉宿に行ったら、イケメン二人に声をかけられた3
・無邪気で可愛い母が、大家さんに寝取られ堕とされてしまったー完ー

【他サイトのエッチな幼妻、淫乱な熟妻の体験談はこちら】