ホーム > 新着記事 >

※巨乳だけど真面目で清楚な嫁が、セックスの後オナニーしていた理由5(転載禁止)

前回の話

私は、射精の快感に声が漏れそうになるのを必死でこらえていた。ネットカフェの個室とはいえ、声が漏れたら丸聞こえになる。必死で声をこらえる私の目には、椅子の上でキスをしながらセックスをする嫁と達也が映っていた。『ダメよ、キスなんて、うぅっ、ダメ』嫁は、達也のことを見つめたままそんな事を言う。でも、達也のことを押しのけようともしておらず、熱っぽい目で彼のことを見つめるだけだ。達也は、ダメと言われながらもキスをする。ダメと言っていた嫁も、舌を絡めている。私は、2人がこうなることは期待していた。でも、実際に私がいないところでこんな事になってしまったのを見て、裏切られたという気持ちもある。そうなるように仕向けておいて勝手な言い草だと思うが、もしかしたら2人が何もしないのではないかという期待もあった。
「メチャ気持ち良い。こんな締まるアソコ、初めてです」腰を振りながら、達也が言う。お世辞かもしれないが、実際にテニスやスキーで運動を良くしている嫁の膣は、子供を2人も産んだとは思えない程よく締まると思う。『わ、私も、こんな大きなの初めてよ』嫁も、あえぎながら言う。その言葉に、ふと気になってしまった。嫁は、一体何本経験があるのだろう? 私と初めて結ばれたとき、嫁は処女ではなかった。少し残念とは思ったが、特に気にしてもいなかった。でも、達也とのセックスを見たことで、急に気になり始めてしまった。
「気持ち良いですか? 俺のチンポ、気持ち良い?」達也は、そんな事を聞きながら腰を振り続ける。椅子がきしみ、嫁の大きな胸がユサユサと揺れている。着衣のままセックスをする嫁は、本当にいやらしく見える。そして、綺麗だとも思う。とても40歳を過ぎている身体ではないし、顔も比較的童顔で若く見えると思う。『気持ち良いわ。キミのおチンポ、太いし奥まで届いちゃったるもの』声をうわずらせながら答える嫁。その顔は、快感にとろけかかっている。
「もっと感じて下さい。俺のチンポでもっと感じて」達也は、そんな事を言いながら腰の動きを早くしていく。同時に、嫁の乳首も触り始める。『んっ、んっ、あぁっ、乳首気持ち良いぃ。もっと奥に、うぅっ、そう、あっ、んっ、もっと強くっ! あぁんっ! おチンポ凄いわ、本当に気持ち良いっ』嫁は、気持ちよさそうにあえぎながら、達也にしがみつき始めた。達也は、さらに激しく腰を振る。パンッパンッと、肉がぶつかり合う音が響き続ける。嫁といつも過ごすダイニングで、嫁が他人とセックスをしている……。と言うよりも、こんな場所で嫁とセックスをしたことはない。他人にマーキングされてしまったような、悔しい気持ちが広がる。
『ダメぇ、おチンポ凄いのっ、パパのじゃ届かないところまで犯されちゃってるのっ! うぅあっ、もっと、もっと犯してっ! おっぱい握ってっ! 乱暴にして欲しいのっ! うぅああっ!』嫁は、あえぎながらそんな指示をする。達也は、両手で嫁のおっぱいを鷲づかみにして握っていく。かなりの強さで、荒々しく握っている感じだ。『うぅあっ、おっぱい潰れちゃうっ、もっとっ! もっと強くっ! もっと乱暴にしてぇっ!』嫁は、どんどん高まっていく。私は、嫁の被虐心を知らなかった。犯されたいという願望があったのだろうか?
達也はそれを感じ取ったのか、荒々しくおっぱいを掴み、乳首も形が変わるほど強く摘まんでいく。『イぎぃ、ングゥ、あっ! もっとっ! もっと強くっ! 犯してっ! おまんこ犯してっ! ぶっといおチンポでレイプしてっ!』嫁は、激しくあえぎながらそんな事を言う。「ほらっ! もっと感じろっ! 先輩のじゃないチンポでイッちゃえっ!」達也も調子を合わせ、荒々しい言葉づかいになっている。嫁は、泣き声のようなあえぎ声を出し始めた。まるで、本当に犯されているような臨場感だ。
私は、一見嫁が犯されているような状況なのに、激しく興奮してしまっていた。射精したばかりのペニスは痛いくらいに勃起しているし、息遣いも荒くなってしまう。そして、もっとやれと思ってしまっている。
『気持ち良いのっ! パパ、このおチンポ凄いのっ! イッちゃうっ! パパのじゃないのにイッちゃうっ! うぅああっ! ごめんなさいっ! イクッ! イクッ!おまんこイクぅっ!!』嫁は、激しくあえぎながらイッてしまったようだ。でも、達也はさらに嫁にテーブルに両手をつかせて後ろ向きにすると、バックで犯し始めた。嫁の髪を鷲づかみにして、本当に犯しているような荒々しいセックスをする達也。やりすぎだと思ったが、嫁はさらにむせび泣くようなあえぎ声に変わっていく。こんなに感じている嫁は、ディルドオナニーの時も含めて見たことがない。
「オラッ! イケっ! 浮気チンポでイケっ!」達也は嫁の髪を鷲づかみにし、天井を向かせるほど引っ張りながらそんな事を言う。着衣のままこんな風に責められ、本当にレイプ現場のような状況になっている。でも、嫁は本当に気持ちよさそうにあえぎ続け、ほとんど泣き声に変わっている。
『もうダメぇ、死んじゃうッ、おチンポ凄いのっ、凄すぎるのっ! もうイッてっ! 壊れちゃうっ! うぁああっ! おまんこ壊れちゃうのぉっ!』嫁は、泣きながら感じている。私は、女性をこんなになるまで感じさせることが出来る達也に、嫉妬と畏れを抱いた。私では、嫁をここまで感じさせることは出来ないと思う。「もっと感じろよっ! 壊れるまでイカせてやるからっ! ほら、先輩より気持ち良いって言ってみろよっ!」達也は、そんな言葉を叫ぶ。『良いのっ! パパより気持ち良いっ! 今までで一番気持ち良いのっ! もうダメぇっ! イッてっ! 死んじゃうッ!』嫁は、テーブルに突っ伏してしまった。でも、達也は嫁の腰を両手で掴んでさらに腰を振る。テーブルがギシギシと音を立て、テーブルの上に乗っているリモコンや卓上カレンダーが床に落ちていく。本当に、暴漢にレイプされているような状況に見える。
「イ、イクぞ、どこに欲しいっ!?」達也は、荒々しく聞く。『な、中はダメっ! お願い、中だけは』嫁は、泣き声で叫ぶ。安全日のはずだが、そんな事を言う嫁。さすがに中に出されるのは抵抗があるようだ。私は、こんな状況にも関わらず、ホッとしてもいた。
「ダメだっ、中に出すぞっ! 言ってみろ! 中に出してって言えっ!」達也は役に入り込みすぎているのか、そんな事を口走る。そして、腰の動きも加速している。私は、本当にレイプされているような感じの嫁を見ながら、狂ったようにオナニーをしていた。
『ダ、ダメなの、それだけは、あぁっ、中はダメぇ、お願いっ! うぅあああっ!』嫁は、泣きながら言う。でも、興奮しきった達也は容赦なく腰を振り、「イクぞっ! 中に出すぞっ! おらっ! うぅっ!」『イヤァ〜〜ッ!! うぅあぁ、赤ちゃん出来ちゃうぅ、ダメぇ……』嫁は、中に出されながら泣いている。そして、達也は慌ててペニスを抜いた。すると、すぐに嫁のアソコからザーメンが床に落ちていくのが見えてしまった。私は、嫁の膣からあふれ出す他人種を見て、暴発するような感じで射精をしてしまった……。
「ご、ごめんなさい。中に出しちゃいました」イッて冷静になった達也が、おどおどした感じで謝る。さっきの暴漢みたいな姿が、ウソのような動揺ぶりだ。『酷いわ……。中はダメって言ったのに。綺麗にするの、大変なのよ』嫁は、明るい声で言う。さっきまで泣いていたのがウソのようだ。「え? 綺麗に? 赤ちゃん出来ちゃうって……」達也は、言葉の意味がいまいちわかっていない感じだ。『安全日って言ったでしょ? 大丈夫よ。でも、中に出されちゃったら、綺麗にしないとでしょ? パパにバレちゃうじゃん』嫁は、おどけたように言う。「……演技だったんですか? 中はダメって泣いてたの」『違うわよ。演技だけど、本気よ。なりきらなきゃ、白けちゃうでしょ? 良かったわよ。キミのレイパー役』嫁は、サバサバした口調で言う。どうやら、嫁の方が一枚上だったみたいだ。
私は、慌てて飛び散ったザーメンを拭き始める。
「先輩、帰って来ちゃいますかね?」達也はそう言って、心配そうな顔になっている。『そうね。でも、帰る前に電話があるんじゃない?」嫁は、股間にティッシュを当てながらそんな事を言う。私は、その言葉にピンと来てしまった。そして、慌ててスマホを取り出すと、嫁に電話をかけた。私の心臓は、おかしなほどドキドキしている。電話に出るのだろうか? それとも、無視をするのだろうか? そんな事を考えながらスマホを耳に当てていると、数回のコールで嫁が出た。『もしもし、パパ? 終わったの?』ごく普通の口調で電話に出た嫁。でも、画面の中では焦った顔の嫁が映っている。嫁は、ニットもまくれ上がったままで胸が丸出しの状態だ。スカートもずり上がったままで、アソコも丸見えな上にあてがったティッシュも見えている。
私は、大体終わったから帰ると伝えた。『そう、お疲れさま。大変だったね』嫁は優しい口調で言ってくれる。でも、達也がちょっかいを出し始めている。達也は嫁の後ろに回り込んでいて、両手で胸を鷲掴みにしている。それだけではなく、揉んだり乳首をいじったりもしている。私は、電話で話している嫁がこんなことになっているのを見て、興奮が一気に大きくなる。「あいつは? まだいるの?」私が質問すると、『えっ? 達也君? まだいるよ』嫁は、激しく胸を揉まれながら、なんとか答える。動画を見ていなければ、いつも通りの嫁だと思ってしまうような口調だ。
「そうなんだ、何してるの?」私は、喉がカラカラになるのを感じながら質問した。『別に何も……うっ、寝てるよ。酔い潰れたみたい』嫁は、変なうめき声を上げながらも、必死で平静を装っている。画面の中では、達也の方を見ながら、言葉を出さずに口の動きで何かを言っている。そして、片手で押しのけようともしている。
「寝ちゃったの? そっか、布団出してあげれば? 泊まらせればいいよ」私は、声がうわずりそうになるのを抑えながら話を続ける。
『あ、うん……。そ、そうするね』嫁は、少し話のテンポがズレ始めている。嫁は、乳首を責められ続け、顔がとろけてしまっている。「どうしたの? なんか、声が変だよ?」私は、興奮しすぎて息苦しいくらいになっている。『ご、ごめんね。私も飲み過ぎたみたい。うぅ……』かすかな吐息を漏らす嫁。達也は、嫁を強引に立たせると、後ろから挿入しようとする。でも、嫁は身をよじるようにして抵抗する。でも、男の力に勝てるはずもなく、結局立ちバックの体位ではめられてしまった。そのまますぐに腰を動かし始める達也。
『ン、クゥ……。パパ、ご飯は? 何か……作っておこうか? あぁ』嫁は、立ちバックで責められながら、それでも必死で会話を続ける。私は、他の男とセックスしている嫁とリアルタイムで会話していると思うと、信じられないくらいの興奮で立ちくらみのような感じになってきた。「そうだね。さっきの残りでいいよ」『ぅうん……わかったぁ、ヒィグゥ……。気をつけて帰ってきて……ね』嫁は、泣きそうな顔で私と会話を続けている。でも、声が抑えきれなくなってきている。正直、何をしているのか丸わかりなレベルだと思う。それでも私は、何も気がついていないフリで、努めて明るく会話を続ける。
「あいつ、酒弱いんだよね。変ないたずらしたらダメだよ」私は、電話を終えたがっている嫁を無視して、会話を続ける。嫁は、スマホのマイクの部分を押さえてしまっている。『うぅあぁ、ダメ、声……ダメだって、ヒイゥ』嫁は、声を潜めながら言う。マイクを押さえているせいで、私のスマホからは何も聞こえない。でも、イヤホンからは丸聞こえだ。
【続きは出典元ブログで】

・オリジナルの体験談一覧はこちらをクリック
・家庭教師先のママさんは、同級生よりも可愛くてエッチだったー完ー
・ツーリングに行ったら、道の駅で男の娘に話しかけられた6
・不妊に悩む妻と、オタクで童貞の兄が始めた代理子作り(kindle)
・友人夫婦と食事をしてたら、アレのサイズの話になって2
・嫁がパート先の工場長に、シリコンリングで身も心も堕とされていた4
・久しぶりに妻と温泉宿に行ったら、イケメン二人に声をかけられた3
・無邪気で可愛い母が、大家さんに寝取られ堕とされてしまったー完ー

【他サイトのエッチな幼妻、淫乱な熟妻の体験談はこちら】