ホーム > 新着記事 >

妻は貸し出しプレイで、嬉しそうに失神したことを話してきた

以前からSWや3Pに興味があり、いつ妻を誘ってみようかと迷っていました。
そしてとうとう勇気を出して妻にSWサイトを見せて反応を見ました。
妻は私以上に興奮して興味を持ちました。妻は26歳で小柄ですがけっこうクラマーでおとなしく可愛いタイプです。「もし、俺意外とプレイすることになったらどんな男がいい?」と聞くと以外にも妻は40歳から50歳くらいのおじさんがいいと答えました。
どうしてと聞くと脂ぎったおじさんに迫られてイヤイヤと嫌がりながらも体中を舐められてだんだん自分がその気にさせられて、嫌いなタイプの男なのに体が男を求めて入れられてしまい最後は中に出されてしまう。そうして嫌いなはずの男が好きになってしまうような妄想を今までに何度もしたことがあると告白されました。私は興奮しました。
4ヶ月かかってそういうタイプの男を見つけました。というよりもすごく身近にいたんです。アパートの隣に住んでいる一人暮らしの52歳の男性でした。私が仕事で留守の間に妻は何度か隣の家に呼ばれて世間話をしたりしていたのでした。専業主婦で暇をもてあましている妻は時々そのおじさんの家に行って、いやらしい話をしたりエロビデオをみたりしていたのでした。
私はそれを聞いてかなりムッとしましたが、模様替えと口実をつけてベットを隣の部屋と隣り合わせの部屋に移し、妻とのセックスの声が隣に聞こえるようにしました。アノ時の声がすごく大きい妻のあえぎは必ず隣のおじさんに聞こえると思いました。
私はこれから妻がその男に抱かれるかもしれないと思ったら毎晩のように妻を抱き、妻が狂ったようにむせび泣くまでやり狂いました。
やがてチャンスはやってきました。近くの温泉センターでその男と出会ったのです。サウナの中で男と話をしていると男はしきりに私のペニスを見ていました。
「一人暮らしは気ままでいいですね、けっこう遊んだりしているんでしょ?」と話をその方向に持っていくと男は「いやいや結構不自由していますよ、お宅は奥さんが美人だしいいですねぇー毎晩激しい声が聞こえてきて一人暮らしには毒ですよ」と言いはじめました。「やっぱり聞いていた」私はぞくっとしました。
「今晩、家に帰ってから一杯飲みませんか?」「いいですねぇ」「うちは1歳の子供が寝ているからお宅に料理を持って行ってやりましょうよ。隣なら子供が目が覚めても大丈夫だし」そういう話になって意気投合しました。
「でも、奥さんに迷惑じゃないですか?」「そんなこと無いですよ、うちの女房が時々遊びに行っているんでしょ?いつも面白い話をしてくれて優しいから好みのタイプだと言ってましたよ。なんならうちの女房を口説いてみますか?ハハハ」
というと、一瞬男はまじめな顔でゴクリとつばを飲み込みました。けっこう脈ありでした。
「いやね、最近インターネットでSWや3Pのページを見たりしているんですけど、あれってぞくぞくしますよね。自分の妻が他の男に抱かれて、精子を中に出されるなんて考えたら嫉妬と興奮で眠れなくなる時があるんですよ」
二人きりのサウナの中で二人とも暑さを我慢しながら興奮してきました。私は今晩目の前にいる男のペニスが妻の中に入り、そのペニスで悶えあえぐ妻の中にその先から白い精液がドクドクと注がれるかもしれないと思ったら、勃起してきました。
「すいません、想像したら立ってきてしまいました。別に男にその気があるわけじゃないからご心配なくアハハハ」
そういうと、男が
「私も妻がなくなる前に二、三度スワッピングクラブに行った事がありますよ。もう十年位前の話ですが。あれは興奮しますよね。でもね、いつも妻はすんなりと他の男に抱かれるんですけど、私は妻のほうが気になって入れるには入れるんですけどイケないんです。聞いたらそういう男って多いみたいです。」
そんなことをしゃべる男のペニスもかなり大きくなっていました。私とは太さも雁首の張り具合も違っていました。私はピンクで長くきれいな感じですが、男のものはずんぐりと黒く太く雁首がものすごく張り出していました。
この雁首で中をかき回されたら妻は泣きながら悶えのけぞるんだろうな、などと考えると興奮が収まらず、ピンと立ったペニスを隠そうともせずにサウナを出て水風呂に飛び込みました。
風呂から出てさっそく妻に約束したことを報告しました。妻は複雑な顔をしていました。家に帰り妻は料理を作り、私は隣の家にお邪魔してお酒を飲み始めていました。やがて妻が料理を持って来ました。
風呂上りの妻の真っ白い肌はピンクに染まり、胸の開いたパジャマを着て、少しぴったり目のパジャマのお尻にはくっきりとパンティーの線が浮き出ていて、股間の盛り上がりが私さえも興奮させるような格好でした。
料理をテーブルに並べるたびに身体を曲げるので胸の隙間から、おっぱいの谷間が丸見えで、男はじっとそれを見ていました。
妻はその夜、私が実行に移すことを察していたのか、いないのか、新品の下着を身に着けていました。しばらく料理と酒と会話を楽しみました。しかし、私の頭の中はどうやって二人をセックスに結びつけるかそればかりを考えていました。
しばらくして子供が目を覚まして泣き出しました。妻が行こうとしたので
「いいよいいよ、俺が行ってくるから。寝かしつけて俺も寝てしまったら二人で楽しんでいてもいいから」
そう言って部屋に戻りました。子供はすぐにまた眠りました。私はベットの部屋に行って壁に耳をつけて二人の会話を聞いていました。最初は普通の世間話でしたが、妻が
「私が木村さんの家に時々来ているって話したから、あの人怒って失礼なこと言ったんじゃない?」
「そんなこと無いよ、いい旦那さんだね人が良さそうで好感が持てるよ」
「そう、私木村さんとエッチなビデオ見たりしてるって言ってしまったからここに来るって言い出したとき、お酒を飲んでその話になって喧嘩するんじゃないかと思ってヒヤヒヤしていたのよ」
「大丈夫だよ、それより旦那さんって立派なモノを持っているだね」
「えっ、あそうかお風呂だから見えるわね」
「サウナの中で色々と話していたら二人ともあそこが立ってきて、びっくりしたよ。あのチンポで毎晩やられたら美保子ちゃんも大声であえぐはずだよね」
「やだぁー聞いてたのぉー恥ずかしい。それよりお風呂の中で男同士で話をしてどうしてあそこが立つの?」
「旦那さんが、今晩美保子ちゃんを口説いてみないかって言うんだよ」
「まぁーあの人、またそんな事言って」
「美保子ちゃんがわしのちんぽを入れられて悶えるところを想像したら立ってきたって...ちんぽがへそにつきそうなくらい立ってたよ」
「最近あの人、私を他の人に抱かせてみたいって言うのよ。」
「美保子ちゃんはどうなんだい?」
「私も興味があるから、それいいわねって言ったわ。私ね、ファザコンの気があるのかしら木村さんみたいに、ずっと年上の人にされてみたいって言ったの。あっ...それであの人私をここに置き去りにしたのかな」
「そうだと思うよ。だとしたらどうする、こんなおじさんとしてみるかい」
「あははは、してみるかって面と向かって言われたら返事に困るわよ。じゃあ、私今晩、きむらさんにやられちゃうんだ...どうしよう」
「布団出そうか...いいかい」
「・・・・」
声が聞こえないということは妻はうなづいたようでした。
すぐに襖を開ける音がしてバサッバサッと布団を出す音がしました。
「私、ちょっとだけ様子を見てくる」
妻が部屋に戻ってきました。私はベットで寝ているふりをしました。
「ちょっと、あなた、起きているんでしょ、寝た振りしてるんでしょ、いいの?私やられちゃうわよ。」
と妻が私に言いました。
「後で行くから鍵は開けておいてくれよ」
それだけ私は言いました。妻は、寝室でブラジャーをはずして、また向こうに戻っていきました。
「おやっ、ブラはずしてきたんだね。乳首がぷっくり出てセクシーだよ」
「私、乳首が大きめでしょ子供生んだら黒くて大きくなったら」
「いいんだよ、それが普通なんだからコリコリしてやろう」
「あっ、いやぁーん...ああ」
「もう、立ってしまってるよ、ほら」
「うあーいきなりおちんちん出すの、エローい」
「今から美保子ちゃんはこのちんぽでアンアン悶えてこの先の穴から、わしの精液をいっぱい中に出されるんだよ」
「えっ、やっぱり中に出しちゃうの?なんだか変な気分」
「安全日かい?まずいようなら外に出してもいいよ」
「大丈夫だと思う、そろそろ生理前だから。それより途中で始まったらごめんなさいね」
しばらくの間二人の声は聞こえなくなりました。かわりに「はあーん」「あああ」という妻の声と「可愛いなあ、いつかこうなれたらいいとずっと思っていたよ。でも、こんな禿げたおじさんでいいのか、おおおっ美保子ちゃんちんぽの触り方が上手いな、舐めてくれないか」
そんな声が聞こえてきました。私はそばで見てみたい気持ちをぐっと抑えて想像力を膨らませることにしました。妻が入れられるまで約一時間くらいかかったでしょうか、
「お願い、もうして、入れて、おちんちん」
こんな声を数十回聞きました。私のペニスは透明な液体がどんどん溢れてきてパンツがべとべとに濡れていました。
「そろそろ、一つになろうか」「うん、早く、早くもう変になりそう」
一分ほどシーンと静まり返ったと思ったら
「はぁぁーーん、いい、きもちいいーー」
妻のとびっきり大きな声と共に待ち望んでいた世界が始まりました。声にならない声と甘くむせび泣くような妻の声が隣の部屋から聞こえるのです。いつもは私の目の前で白い太股を広げて真っ白い肌の中心に黒いヘアーを見せて、甘えた顔を私を見たり、のけぞって白目をむいたりしている妻が目の前ではなく、隣の部屋でサウナで見たあのペニスを入れられて悶えているのです。
「はうっはうっ...ひっかかるのがすごいぃー...こりこりってして...そうそうあああっ...すごいすごいきもちいいーー」
まるで襖一枚向こうのように大きな声が聞こえてきます。しばらく続いた妻の大きな声が少し緩やかになってきました。疲れたのかつながったままで休憩している様子でした。
「美保子ちゃんの穴は小さいから雁首がよくひっかかって気持ちいいよヘアーも少なめでいやらしいヘアーをしているなぁー」
「あん、あんっ...もっと突いて、木村さんのおちんちんのでっぱり、すごい、なんだかあそこの中を引っ張り出されるみたい。ああああっそうそうそこがいいの」
「旦那以外のちんぽの味はどうだ?隣で聞いているのかな?きっと旦那は嫉妬でぴんぴんにちんぽ立たせて今頃たまらない気分だよ」
「とうとう、あの人以外のおちんちんでエッチしちゃった。すごい興奮ね。今からまたズンズンされて木村さんのを出されるんでしょ、頭の中がエロエロでいっぱいになってる...ねぇーもっとしていっぱいして」
「よーしとりあえず一回出すかな」
「あぁぁーーーーっ、いいわーすごいすごい、ああー私出されるの?とうとう出されるの...エロいエロい...木村さんのおちんちんから出される...あああ」
私はとうとうたまらなくなってこっそり部屋を出て、そーっと隣の部屋に入りました。部屋に入ると先ほどとは違った音質の妻のあえぎ声が響き渡っていました。そしてクチュックチュッといういやらしい音も聞こえてきました。
「ああっそろそろ....いく...いきそう...」
襖を少し開けると明かりをつけたままの部屋の真ん中に布団が敷いてあり、その上にはぱっくりと開いた妻の両股とその間でカクカクと腰を振っている男の尻が見えました。二人はしっかりと抱き合い、妻の顔が男の肩の上に見えていました。妻は男の背中にしっかりと手を巻いてしがみつき、男の肩を噛みながら
「あああっいくぅーっいくーっ、もうだめ...あああいくいく」
と叫んでいました。
「くうっくふぅぅーーっああっ」
男が力強く妻の股に腰を打ちつけ始めました。男の先から妻の中に大量の精液が注がれている瞬間です。私は夢中でペニスをしごきました。射精しそうになると我慢し、おさまるとまたしごきました。
妻が私に気づきました。しかし、私を無視するかのように男の唇を吸いながら、腰をくねくねとくねらせながら余韻を楽しんでいるようでした。
「気持ちよかったかい?」「うん、死ぬかと思った。最初にじらされたから、なんだか十回分エッチした気分」
私は嫉妬でどうにかなりそうでした。そして部屋に入っていきました。男はびっくりして起き上がりました。妻の中から出てきたペニスの先から妻のあそこに糸がつながっていました。男のペニスの先には白い精液とペニスのさおの周りは妻の愛液がべっとりとついていやらしい光を放っていました。
「あっ、出てきた。ティッシュ取って」
私はそばにあったティッシュの箱を妻に渡しました。シュッシュッシュッと三枚抜くと妻はそれを股間にあてがいました。
「ごめんね、へいちゃん。すごく感じちゃった。愛してるからね」
「いやぁー最高の奥さんだね。まだチンポの先が余韻で穴の中にいるみたいだよ。ありがとうと言うのがイイのかなアハハハ」
「へいちゃん、出したいんでしょ?お口で抜いてあげようか?それともここでエッチするの?あっちでする?」
「三人でしてみようか」と私は言いました。「もう少し回復するまで待ってよ、さすがに歳には勝てないよ」
男がそういうので、「ここに泊まっていいですか?布団もう一枚あります?」
男は布団を出してくれました。そして妻は私のペニスを咥えてくれてぺろぺろと舐めてくれました。
「木村さんのも舐めたのかい?」「うん、木村さんのってエラすごいのよ、あごがはずれそうなくらい張っていてね、中でコリコリされたらもうどうにでもしてって感じで気持ちイイのよ」
その言葉に嫉妬した私は妻の身体にむしゃぶりつきました。そしてしばらく妻の身体を舐めまわしました。「へいちゃん、入れておちんちん入れて」
という妻の言葉で私は妻の中に入りました。妻の中は男の精液でトロトロに濡れていました。いつもの愛液だけの濡れ具合と違い、すべりがよくにゅるんにゅるんとしていました。
私のペニスはエラが少ないので、先ほど妻がコリコリしてとあえいでいた、ものすごい声は聞こえませんでした。それが悔しくて奥のほうまでずんずんと突き上げると
「奥にあたるぅぅーへいちゃん...へいちゃんのは奥がいい」
そう言ってくれました。そのうちに男が妻の口にペニスを入れてきました。そうして私が妻に発射し、次に男が妻に挿入し、目の前で犯される妻をはじめて見ることができました。すざましい光景でした。男が二回目の精液を妻に注ぎ込むころには私のペニスは再び上を向いていました。
さすがに妻はへとへとになったみたいで「あそこがひりひりしてきた、今度は手でしてもいいかな」
そう言って最後の一回を手で抜いてもらいました。朝目が覚めると10時を過ぎていました。ふと、隣を見ると妻が見えません、あれっと思って隣の布団を見ると、男の股の間に妻がもぐりこんでいました。
「ああ、起きちゃった?朝立ちがおさまらないから抜いてもらおうと思って...」
布団をめくると妻が男のペニスを咥えていました。そして朝から男の精液を口で受け止める妻を見せられて私は遅刻の電話を会社に入れて急いで出勤しました。全裸の妻と男を布団に残したまま自分ひとり出勤するのはたまらない気分でした。
夕方4時ごろ気になって仕事の合間に妻に電話をかけましたが誰も出ませんでした。大家さんに電話番号を聞いて木村さんの家に電話をかけると、まだ妻はいました。
「子供はどうした?」と聞くと「あははは、実家にあずけちゃった」「えーっ、それでまだそこにいるのか?」「うん...怒ってるの?」「そりゃそうさ、いいかげんにしろよ。それで?」「何?」「あれからまたしたのか?」「うん...ごめんなさい」「何回したんだ?」「うーん...待って家からかけなおすから、着替えるから五分待ってね」
10分ほどしてから妻から電話がかかりました。
「五分って言ったじゃないか!」「だって、裸だったから...」「お前、それじゃ浮気と同じじゃないか」「ごめんなさい」「いいよ。帰ってから話そう」
そう言って電話を切りました。家に戻り妻に聞くと一日中男と裸で過ごしていたようでした。私は妻をお仕置きしてやろうとバイブを取り出そうとしました。
「バイブは?」「....」「どうしたんだ?」「あっちにもってった」「お前、そんなものまで持ち出して...」「だって、一度SMぽいのしたくて」「したのか?」「うん」「どうやって?」「縛られてバイブ入れられて...そのまま出て行って」「バイブ入れられたまま木村さんいなくなったのか?」「うん、一時間くらい...私何回も死にそうになっちゃった」「そんなに良かったのか?」「私、その後木村さんのおちんちん入れられて初めて失神しちゃった」
これから私は昼間仕事に出ると妻と男は二人きりでいつでも逢えることになります。妻はそれを楽しみにしているに違いありません。とんでもないことをしてしまったのか、それとも新しい世界に踏み込んだのか...

・オリジナルの体験談一覧はこちらをクリック
・家庭教師先のママさんは、同級生よりも可愛くてエッチだったー完ー
・ツーリングに行ったら、道の駅で男の娘に話しかけられた6
・不妊に悩む妻と、オタクで童貞の兄が始めた代理子作り(kindle)
・友人夫婦と食事をしてたら、アレのサイズの話になって2
・嫁がパート先の工場長に、シリコンリングで身も心も堕とされていた4
・久しぶりに妻と温泉宿に行ったら、イケメン二人に声をかけられた3
・無邪気で可愛い母が、大家さんに寝取られ堕とされてしまったー完ー

【他サイトのエッチな幼妻、淫乱な熟妻の体験談はこちら】