ホーム > 新着記事 >

#無職になった僕と嫁で、親友の家に居候することになった4(転載不可)

前回の話

健吾は、大きく震える純子の腰を見て、慌てて指を引き抜いた。指が抜けるとき、ピュッと透明のしぶきが少量飛び散るのが見えた。
「だ、大丈夫?」健吾は、慌てた感じになっている。純子は、まだ腰がガクガクと震えている状態だ。でも、そんな状態でも、『う、うん。平気……。すごかった……』と、夢見心地という感じで言う。卑猥すぎるランジェリー姿のまま、グッタリとソファに身体を預けている純子。下着の機能を果たしていない穴あきのブラからは、純子の勃起しすぎて膨らんだようになっている乳首が丸見えだ。

「ありがとう。最高だったよ。じゃあ、僕は部屋に行くからゆっくりしてて」健吾は、そう言って立ち上がろうとする。純子は、『まだ、健吾さんイッてないでしょ?』と、言い始める。「え? さっき、イカせてもらったよ」健吾は、ビックリしたような顔になっている。『うん……でも、大きいままだよ』純子は、健吾の股間を指さしながら言う。確かに、健吾のペニスはさっきから勃起したままになっている。「そりゃ、純子ちゃんがそんな格好してたら勃起したままになるよ」健吾は、少し恥ずかしそうな顔で言う。『じゃあ、もう少ししちゃう?』純子は、恥ずかしそうな顔で言う。「良いの? じゃあ、また乳首舐めながら手でしてもらえるかな?」健吾は、遠慮がちに言う。すると、純子はにっこり笑いながら良いよと言い、すぐに健吾の乳首を舐め始めた。イヤらしく舌が健吾の乳首を這い回る。そして、純子は健吾のペニスをしごき始めた。
「あぁ、気持ち良い。純子ちゃん、すごく良いよ」健吾は、本当に気持ちよさそうな声でうめく。純子は、嬉しそうな顔で愛撫を続ける。純子の舌が健吾の乳首を弾くように、焦らすように舐め続ける。
健吾のペニスは、見るからにガチガチになっていて、いつ射精してもおかしくないんじゃないかな? と、思うほどだ。そして、そのまま責め続ける純子。「またイカされちゃうよ。じゃあ、また交代。純ちゃん、そこに座って」健吾は、純子に指示をする。すると、純子は素直にソファに座る。健吾はさらに指示を続け、脚を座面に乗せるように言う。純子は、恥ずかしそうな顔になりながらも、チラッと僕を見る。そして、僕がなにも言わないのを確認すると、座面に脚を乗せてM字開脚にし始めた。
卑猥なランジェリー姿で、ソファの上にM字開脚で座る純子。モジモジと、恥ずかしそうな仕草を繰り返す。すると、健吾が純子の前にひざまずくように座り、おもむろに純子のアソコを舐め始めた。
『うぅあっ、ダメぇ、汚いよ、うぅっ、ダメ、あっ、んっ、あぁんっ』純子は、ショーツ越しにクリトリスを舐められ、すぐに甘い声をあげ始める。ダメと言いながらも、健吾のことを押しのけようとしたりしていない。
健吾は、そのままクリトリスを舐め続ける。それだけではなく、ショーツをずらしてクリトリスをむき出しにし始める。ぷっくりと大きくなったクリトリス。純子は、顔を真っ赤にして恥ずかしそうにしている。
健吾の舌が、勃起した純子のクリトリスを舐め始めると、身体を跳ねさせるようにしながら、『あぁっ、あっ、あんっ、気持ち良いっ、ダメぇ、こんなのすぐイッちゃうっ』と、純子はとろけきった声で言い始める。感謝の意味で、仕方なくこんなことを始めたはずなのに、今の純子は完全に感じてしまっているように見える。
健吾は、ひたすらクリトリスを舐め続ける。純子は、身をよじるようにしながらあえぎ続ける。僕は、勃起しすぎなほど勃起したペニスを、ズボン越しにしごき始めてしまった。さっき射精してドロドロになっているせいか、より快感が強く感じる。
自分の嫁がクリトリスを舐められているのに、どうしてこんなに興奮してしまうのだろう? どうしてこんなに快感を感じてしまうのだろう? 僕は、自分自身に疑念を感じながらも、夢中でオナニーを続ける。
『ダメぇ、ダメっ、イクっ、イッちゃうっ! うぅああぁっ!』純子は、大きな声をあげながら果てる。でも、健吾は指を二本重ねるようにして純子の膣中に挿入を始めた。『うぅあっ、ダメっ、もうダメっ、イッてるっ、イッてるのっ、イヤッ、あっ、あんっ、あぁっ!』純子は、少し怯えたような声で叫ぶ。でも、健吾は膣中を指でかき混ぜながらクリトリスを舐め続ける。
純子は、急に僕の顔を見つめてくる。泣きそうな顔で僕を見つめながら、やっぱりあえぎ声をあげ続けている。僕は、バッチリと純子と目が合っているのにもかかわらず、オナニーをやめられないでいる。
『イヤァァ、ダメっ、イクっ、イクっ、もうダメっ! 気持ち良いのっ!』純子は、泣きそうな顔のままあえぐ。僕の顔を見たまま、あえぎ続ける。すると、健吾が責めるのを突然やめた。『うぅぁ、あぁ、ど、どうして?』純子は、身体をガクガクッと震わせるようにしながらそんな言葉を口にする。「え? もうダメって言うから」健吾は、少しからかうような口調になっている。そして、そのまま一気に指を引き抜いた。『んうぅうっ!!』純子は、さらに身体をガクガクッと震わせる。そして、脱力したようにだらしなく脚を広げたまま、グッタリとソファに身を預けるようにしている。
すると、健吾がいきり立ったペニスを純子の頬に押し当てる。そして、こすりつけるようにし始める。純子はなすがままにされていたが、少しすると自分から舌をペニスに這わせ始めた。
純子は、物欲しそうな感じで舐める。トロンとした顔に、荒くなった息遣い。僕は、ドキドキしていた。もしかして、これ以上進むのだろうか? そんな不安でドキドキしている。でも、やっぱりペニスはガチガチになっている。
「欲しくなっちゃった?」健吾は、そんな質問をする。純子は、熱っぽい目で健吾のペニスを見つめている。でも、なにも言わない。「入れてみる? アイツも、それを望んでるような顔してるけど」健吾は、そんな風に言う。申し訳なさそうだった彼も、純子のはしたないランジェリーのせいもあるのか、少し強気になってきている気がする。純子は、とろけたような顔のまま、僕のを方見る。そして、首をかしげるような仕草をする。良いの? と、聞かれているような気持ちになってしまった。僕は、震えるような声で、「入れたいの?」と、純子に聞いてしまった。『……トシくんは、イヤじゃないの? 見たいって思ってる?』純子は、そんな風に質問する。僕は、結局うなずいてしまった。すると、純子はスッと視線を健吾に戻し、『……入れて欲しい』と、消えそうな声で言った。「う、うん。じゃあ、コンドーム用意……ゴメン、持ってない。その……持ってるかな?」健吾は、うろたえた様子で言う。僕は慌てて、「持ってくる」と言って部屋を出た。僕は、慌てて自分たちの寝室に向かいながら、なぜ僕が健吾のためにコンドームを取りに行かないと行けないのだろう? と、自問してしまった。でも、そんな風に思いながらも僕はほとんど小走りで寝室に行き、コンドームをも手に取った。
そして、慌ててリビングに戻る。すると、純子は健吾の乳首を舐めながらペニスをしごいていた。僕に気が付くと、純子はそれをやめる。そして、僕からコンドームを受け取ると、健吾に渡した。
健吾は、無言のままコンドームを装着し始める。でも、彼の太いペニスには、見るからに小さすぎる感じだ。それでも強引に装着し続ける彼。でも、「これはダメだ……キツすぎて痛い……」と、言いながらコンドームを外した。「ゴメンね、サイズが合わないみたい。また、今度買っておくよ」健吾は、申し訳なさそうに言う。『……イク時は、外に出して……』

【続きは出典元から】

・オリジナルの体験談一覧はこちらをクリック
・家庭教師先のママさんは、同級生よりも可愛くてエッチだったー完ー
・ツーリングに行ったら、道の駅で男の娘に話しかけられた6
・不妊に悩む妻と、オタクで童貞の兄が始めた代理子作り(kindle)
・友人夫婦と食事をしてたら、アレのサイズの話になって2
・嫁がパート先の工場長に、シリコンリングで身も心も堕とされていた4
・久しぶりに妻と温泉宿に行ったら、イケメン二人に声をかけられた3
・無邪気で可愛い母が、大家さんに寝取られ堕とされてしまったー完ー

【他サイトのエッチな幼妻、淫乱な熟妻の体験談はこちら】