ホーム > 新着記事 >

▲嫁の浮気相手は、ハゲた中年太りのおっさんだった3(転載禁止)

前回の話

俺は、自分で言ったことながらすでに後悔し始めていた。久美は、嬉しそうに川井の唾液を飲み干している。それどころか、もっと欲しいというような素振りをする。こんなにタバコ臭そうなハゲ散らかしたオッサンな相手に、どうしてこんなリアクションをしているのだろう? 俺は、まったく理解が出来ないでいる。
久美は嬉しそうに川井の唾液を飲みながら、彼の股間をまさぐっている。いつも通りにしろと指示はしたが、本当にこんなに積極的な行動に出るとは想像していなかった。唾液を飲み干した久美は、キスをねだる顔をする。すると、川井は唇を押しつけることはせずに舌を突き出した。
太い舌。見るからに、不潔そうな感じがする。でも、久美はその舌に吸い付くようにして口の中に収める。そして、強く吸いながら舌を絡めていく。こんなに卑猥なキスをする久美……。俺の知らない久美だ。久美は、強く川井の舌を吸い続ける。そして、彼の股間をまさぐり続ける。ズボンの上からでも、はっきりと盛り上がっているのがわかる。
『川井さんのおチンポ、すごく固くなってる。もう、舐めさせていただいても良いですか?』久美は、そんな言い方をする。まるで、久美がセックスをしてもらっているような態度だ。客観的に見て、このおっさんが久美くらいのイイ女とセックスをするには、何万円か払わないといけないくらいだと思う。それが、まるで久美の方がお金を払うような勢いで奉仕しているように見える。
「良いですよ。くわえさせてあげます」川井は、妙にカンに障る言い方をする。自分のペニスに、絶対的な自信を持っているような口ぶりだ。『ありがとうございます。ご奉仕させていただきます』久美は、そう言ってひざまずいて川井のズボンを脱がせていく。川井は、さっきまでの怯えたような表情は消え、ふてぶてしい感じになっている。パンツを脱がせると、ブンッ! と、音がする勢いでペニスがそそり立つ。ほとんど天井を指すほどの角度だ。そして、ヘソに届く長さと、ペットボトルかと思うほどの太さに驚く。
動画で見るよりも、大きく感じる。実際、かなりの大きさだと思う。でも、大きさよりも感じたのが、淫水焼けしたような黒さと、張り出したカリ首の造形のエグさだ。圧倒的な存在感だ。あんなモノで膣中をかき混ぜられたら、ゴリゴリに膣壁をこすられてしまいそうだ。
『あぁ、すごい……。大きい……。本当に素敵です。ご奉仕させていただきます』久美は、とろけた顔で彼のペニスを舐め始めた。俺が見ていることを忘れてしまったような感じで川井のペニスを舐める久美。童顔で幼い印象の久美の顔が、妖艶な顔になったように感じる。
小さな舌でカリ首の周りを舐め回しながら、こそげ取るような強さで舐める久美。考えてみれば、シャワーも浴びていない。恥垢なんかもあるように見える。それでも、久美は熱心に舐め続ける。そして、大きく口を開けてくわえ込んでいく。
あんなに太いペニスを、目一杯口を大きく開けてくわえ込む久美……。その目が、発情したような感じに変わっている。くわえ込むと同時に、久美の頬がすぼまる。強くバキュームしているようだ。
「シャワー浴びてないですけど、大丈夫ですか?」川井が言う。『平気です。川井さんのおチンポ、汗臭くて美味しいです』久美は、信じられない言葉を口にしながらフェラチオを続ける。「上手になりましたね。こんなにフェラが上手くなったら、旦那も喜ぶでしょ」川井は、俺がいるのにそんなことを言う。忠実に、いつも通りのセックスを見せているだけ……とは思えない感じだ。俺を挑発するというか、小馬鹿にしているように思えてしまう。
久美は、ひたすらフェラチオを続ける。卑猥な音を立て、頭を前後に振って奉仕を続ける。どう見ても、俺にするときよりも熱が入ったようなフェラチオの仕方だ。
「そんなにしたら、出ちゃいますよ。ほら、もっと色々舐めて」川井が指示をする。すると、久美は彼の睾丸や竿を舐め始める。それだけではなく、睾丸を口に含んだりもする。そうしている間も、指がイヤらしく彼のペニスをしごき続ける。本当に、久美は変わってしまった。俺しか知らなかったウブな女の子……。そんな久美は、もうどこにもいないようだ。
そして、俺はやっぱり自分が激しく勃起していることを認識した。興奮する要素などないのに、異様なほどに興奮してしまっている。手も触れていないのに、射精感が湧いてくるほどだ。
『川井さんのおチンポ、ギンギンになってます。早く入れて欲しいです』久美は、とろけた顔のまま言う。すると、川井が後ろを向いた。久美は、川井のお尻を左右に拡げるようにする。そして、そのまま彼の肛門を舐め始めた。
シャワーも浴びていないおっさんの肛門を舐める久美……。俺は、自分の嫁がここまで調教されてしまっていることに焦ってしまう。
久美は、川井の肛門を舐めながら、ペニスをしごく。細い指が、カリ首当たりに絡みつく。「あぁ、気持ちいい。まずは、口に出しますか」川井は、そんな風に言う。もう、すっかりと余裕が出てきているようだ。再び前を向いてペニスを誇示する川井。久美の奉仕のせいか、より大きくなっているように見える。久美は、そのまま彼のペニスをくわえて頭を振り始めた。さっきよりもリズミカルで、バキューム音も大きい。そして、久美はフェラチオしながら、スカートの中に手を突っ込んでまさぐり始めた。
フェラチオしながらオナニーを始めた久美……。俺は、唖然としてしまった。ここまで淫乱になっている? 俺が見ているのに、ここまでする? もう、言葉も出ない。
久美は、さらに頭の動きを早くする。まるで、手でしごいているような速度で頭を振り続ける。すると、「出ますよ。出る」と、川井が冷静に言いながら久美の口の中にぶちまけ始めた。『ん~っ』久美は、うめきながら口内射精を受け続ける。そして、スカートの中の手の動きは、かなり激しい物になっている。射精を続ける川井……。口内射精を受けながらオナニーを続ける久美……。すると、久美は身体をビクンと跳ねさせた。
「ホント、すぐイッちゃいますね。淫乱すぎるでしょ」川井は、満足げに言う。すると、久美は川井のペニスを口から吐き出す。そして、手の平に口の中の精液を垂らし始める。ドロッとして粘度が高そうな白い液体……。量も多い。
『川井さんのザーメン、飲ませていただいても良いですか?』久美は、そんなとんでもないことを言う。「しっかり飲むんだよ」川井が、妙に優しい口調で言う。すると、久美は手の平の上のザーメンに口を付け、大きな音を立ててすすり始めた。そして、全てを口の中に戻すと、そのまま喉を大きく動かして飲み干してしまった……。
『ごちそうさまです。美味しかったです』久美は、うっとりした顔で言う。そして、飲み干したそばから、再び彼のペニスをくわえ始めた。俺は、久美のそんな態度に驚かされるばかりだ。「久美は、ザーメン大好きだね。肌がもっと綺麗になるんじゃない? 私とするようになってから、艶々になったもんね」川井は、さも自分の手柄のように言う。一体、何回久美にザーメンを飲ませてきたのだろう?
久美は、お掃除フェラをしていると言うよりも、無理矢理勃起させようとしている感じだ。射精したばかりは柔らかくなっていたペニスも、もう回復してギンギンになっている。射精直後にフェラチオなんかされているのに、川井はくすぐったいと感じている気配もない。
『川井さんのおチンポ、大っきくなりました。入れても良いですか?』久美は、焦れた顔で言う。さっきから、一度も俺の方を見ようともしない。もしかしたら、本気で俺の存在を忘れているのかもしれない。「良いですよ。でも、コンドーム付けた方が良いんじゃないですか?」川井は、チラッと私を見てから言う。さすがに、自分の立場は理解しているようだ。『どうして? コンドームなんて付けたら、中に出してもらえないです』不満そうに言う久美。「だって、旦那さんが見てますよ」川井は、少し弱々しい感じで言う。久美は、ハッと気がついたような顔になり、慌てて俺を見た。本当に忘れていた……そんなリアクションだ。罪悪感を感じているような顔になる久美。でも、すぐに川井に向き直り、『いつも通りにしないとダメだから……。仕方ないの』と、言いながら彼にまたがり始めた。スカートをまくり上げ、着衣のままの久美。ショーツをずらすと、生のペニスを膣口に押しつける。脱ぐ間も惜しんで入れてもらいたい……そんな姿に見える。
川井は、俺の方を見て、「良いんですか?」と、聞いてくる。俺は、色々な言葉が頭をよぎるが、結局なにも言えずにいる。そうこうしているうちに、久美が腰を下ろしてしまった。一瞬で、極太のペニスが久美の体内に消える。『んぉおおっ、おチンポ大っきいっ』久美は、下品な言葉を口にしながらあえぐ。そして、入れたそばから腰を振り始めた。くねらすように、こすりつけるように激しくグラインドさせる久美。『あぁっあっ、あんっ、あぁっ、あぁぁ~! おチンポ気持ちいいっ! 川井さんのおチンポ、子宮に強く当たってますっ!』
【続きは出典元から】

・オリジナルの体験談一覧はこちらをクリック
・家庭教師先のママさんは、同級生よりも可愛くてエッチだったー完ー
・ツーリングに行ったら、道の駅で男の娘に話しかけられた6
・不妊に悩む妻と、オタクで童貞の兄が始めた代理子作り(kindle)
・友人夫婦と食事をしてたら、アレのサイズの話になって2
・嫁がパート先の工場長に、シリコンリングで身も心も堕とされていた4
・久しぶりに妻と温泉宿に行ったら、イケメン二人に声をかけられた3
・無邪気で可愛い母が、大家さんに寝取られ堕とされてしまったー完ー

【他サイトのエッチな幼妻、淫乱な熟妻の体験談はこちら】