ホーム > 新着記事 >

エロ話ばかりの人妻は、会うと清楚系の美人でした

彼女とメールで話している時は大胆な発言ばかりで、ただのスケベな人妻だな、としか思って無かったが、写メを送ってもらうと清楚系の奇麗な人だった。
何通かメールを繰り返してとりあえず会う事になったのだが、写真と実物が違うという事は良くある事なので、ブスだったら帰ろうと思っていた。指定の時間を5分ほど経過していたのでいそいで待ち合わせ場所へ行くと、スレンダーな女性が立っていた。
写メを交換していたから彼女だという事がすぐにわかり、顔も写メと全く同じで美人系の人妻だった。
外見からしてもメールでエロい言葉を平気で言うような人だとはとても思わなかった。
車に乗ってラブホに移動中にさりげなく手を握ってみるとうっすら汗をかいていた。
手を離しスカートの上に手をのばしゆっくり太ももをなでると、顔はうつむきすごく恥ずかしがっている様子。
スカートを左手でまくり直接ふとももを撫でパンティに手をふれるとぴくっと反応。
そのままアソコを弄り続けラブホに到着。
部屋に入るとシャワーを浴びる時間が惜しいほど興奮していた俺は、いきなり彼女をベッドに押し倒し体のいたる所を揉み解した。
今までこんな美人とセックスをした事がなかった俺は、自分の性欲を抑えられないくらい興奮していた。
服を全部脱ぎ捨て、彼女の下着を太ももまで脱がしにしてそのまま生挿入。
「え、もう?」といきなりの挿入にビックリしていたが、このあとセックスタイムが何時間もあるため、ヤリたい放題ヤッてやろうと彼女をめちゃくちゃにした。
いきなりだったが十分濡れていたため簡単に挿入できた。
入れてすぐに高速で腰を振ると「はやい、いきなりはやいよッ!」と俺の腰を掴んで動きを遅くしようとしてきたが、そんな抵抗する彼女の姿にさらに興奮した俺は夢中で腰を振り続けた。
彼女も摩擦に慣れてきたのか、足を広げ喘いでいる。
「あっ、あっ、んんあっ」
長い時間ピストンを繰り返しているとイキそうになり「イク」と言おうと思ったが中出しを拒まれそうだったので何も言わずに中へ出した。
「えっ!ちょっと!うそ!」と突然の中出しに驚いた様子の彼女。
休ませる隙を与える事もなく精液があふれ出すアソコに電マを当て、クリを刺激した。
「いやぁっ!あん、んん、気持ちいい!」体をくねらせ、大声で喘ぐ彼女。
「ああッ、イク!…イクイク!」と言いながらビクビクしていたが彼女がイッた後も、刺激を与え続けた。
「ちょっと…もうやめて…」
その頃には俺のアソコも回復していたので電マを当てながらもう1度挿入。
すると彼女は今まで異常に叫び、絶叫していた。「ああぁ!またイクっ!」と抱きついてくる彼女。
同時に俺もイキそうになり今度は「出るよ!」とイク合図を出して2回目の中出し。
お互い倒れこみ、少し休憩を挟んで何度も何度も中出しした。
4回、5回となると彼女の膣内もグチョグチョになっていて、あまり気持ちよくなかったため、フェラで抜いてもらったりして、美人妻とのセックスを楽しんだ。
もう彼女は癒し妻新空間を退会していたために、また新しく中出しが出来る人妻を探してセフレにでもしようと思う。

・オリジナルの体験談一覧はこちらをクリック
・家庭教師先のママさんは、同級生よりも可愛くてエッチだったー完ー
・ツーリングに行ったら、道の駅で男の娘に話しかけられた6
・不妊に悩む妻と、オタクで童貞の兄が始めた代理子作り(kindle)
・友人夫婦と食事をしてたら、アレのサイズの話になって2
・嫁がパート先の工場長に、シリコンリングで身も心も堕とされていた4
・久しぶりに妻と温泉宿に行ったら、イケメン二人に声をかけられた3
・無邪気で可愛い母が、大家さんに寝取られ堕とされてしまったー完ー

【他サイトのエッチな幼妻、淫乱な熟妻の体験談はこちら】