ホーム > 新着記事 >

#バイト先の19歳の幼妻を、俺の好みに調教してみた

俺は、21歳の大学3年生で、結構遊んでいる方だと思う。最近彼女と別れてフリーだけど、高校の頃から彼女が途切れたことはなかった。それほどイケメンというわけでもないけど、口が上手いのと、マメな性格でそれをカバーしている感じだと思う。
今気になっているのは、バイト先の居酒屋の女の子で、まだ19歳の優美ちゃんだ。バイト先は、多少おしゃれな感じの居酒屋とはいえ、所詮は居酒屋だ。そして優美ちゃんは、居酒屋でバイトするようなタイプではないような感じだった。ひと言で言うと、世間知らずとか箱入りお嬢様と言うのがピッタリ来るような雰囲気で、初めて挨拶をされたとき、何かの冗談だと思ったほどだ。優美ちゃんは、身長は150cmあるかどうか、体重はたぶん40kg台だ。おかっぱっぽい髪型に、真っ黒なストレートヘア。ぱっと見、高校生……中学生とかに見えてしまうかも知れない。ただ、幼い見た目だけど、すごく美人だ。小柄なので可愛い感じに見えるけど、整った美人顔だ。系統で行くと、佐々木希とかああいう系統だ。
そんな優美ちゃんなので、すぐに人気者になった。バイトの男連中はもちろん、お客さんの中でも優美ちゃん目当てで通う常連が増えたほどだ。そして俺も、ドストライクだったので、色々と仲良くなろうと頑張った。でも、シフトが重なることが多く、バイト歴の長い俺が彼女に頼られる感じになり、さほど努力しなくても仲良くなれた。
『松田さん、さっきはありがとうございました。助かっちゃいました』休憩中、ニコニコ笑いながら優美ちゃんがお礼を言ってきた。そろそろ見慣れてきていたはずなのに、こんな風に微笑みかけられると、いまだにドキッとする。俺は、気にしないで〜とか言いながら、顔がにやけていたと思う。
俺のバイトする居酒屋は、割烹着がモチーフになった感じのユニフォームで、なかなか可愛いと思う。まぁ、優美ちゃんが着ればなんでも可愛いのだけどw
「優美ちゃん、仕事慣れてきたね。続きそう?」俺は、それとなく聞いた。『はい! 松田さんが優しく教えてくれるから、続きそうです!』優美ちゃんは、本当に感謝していますという顔で言う。今時、こんなスレていない女の子がいるんだなと、軽く驚きながら言葉を続けた。
「そう言えば、なんで居酒屋でバイトしようと思ったの?」『近所だったし、なんか楽しそうだったからです』「いいよ、そんなかしこまらなくても。もっとため口でいいよ」『へへ。くせになってるみたい』「くせ? なんの?」『うん。旦那がすごく年上だから、敬語っぽくなっちゃうんだ』「えぇっ!? だ、旦那? 結婚してるの!?」俺は、声が裏返るのを自覚した。『う、うん。どうしたんですか? ビックリしすぎですよぉ』優美ちゃんは、目を丸くして言う。
「だって、19歳でしょ? って、別に結婚できるのか……。でも、意外すぎだよ」『そうですか? もうすぐ2年です』「えっ!? 2年? 17歳で結婚したの?」『そうです。高校中退して結婚しちゃいました』俺は、その言葉に本気で驚いていた。お嬢様とか、真面目な女の子……にしか見えない優美ちゃんが、そんなDQNみたいな人生を送っているなんて、驚くのを通り越えて言葉もない。
「まさか、できちゃった婚とか?」『いえ、それはないです。まだ、しばらく作らないつもりです』「そうなんだ……。すごく年上って言ってたよね? 旦那さん、何歳くらいなの?」『42歳です』「えぇっ!? 2まわりも上なの?」俺は、一気に彼女へのイメージが変わってしまった。『はい。松田さんは、結婚しないんですか?』「え? う、うん。まだ学生だし、今彼女もいないしね」『そうなんですか!? 松田さん、すごくモテそうなのに』「そんな事ないって。結婚してるって、みんな知ってるの?」『店長は知ってます。後は……松田さんにしか言ってないですよ』「だったら、黙っていた方がいいと思うよ」『え? どうしてですか?』「そ、それは……。みんなショック受けるから」『ショックですか?』「うん。だって、みんな狙ってるから」『えっ? 私をですか?』「うん。石田とか、龍平とか、結構マジで狙ってるじゃん」『うそっ! 私なんかをですか? 気のせいじゃないんですか?』優美ちゃんは、どうやら本気でそう思っているようだ。自己評価が低いとは思っていたが、ここまでとは思わなかった。
「あ、時間だね。行こうか」『はいっ! 松田さんと休憩が一緒で、嬉しかったです』優美ちゃんは、ホントに計算なくそんなことを言う。俺は、ますます惚れてしまいそうだと思いながら、彼女が結婚していた事でショックを受けていた。
そんな風に、ある意味秘密を共有した俺と優美ちゃんは、ますます仲良くなっていった。そして俺は、彼女が人妻と知ったことで、今まで以上にエロい目で彼女を見るようになってしまった。
なにも知らないような顔をして、42歳のエロ親父とやりまくっている……。そう思うと、ムラムラしっぱなしだ。そして、俺にそんな性癖があるとは思っていなかったけど、優美ちゃんを寝取ってやりたい……。そんな風に思うようになってしまった。
そんなある日、偶然近所のショッピングモールで優美ちゃんを見かけた。声をかけようかと思った瞬間、かなり年の離れた男性が優美ちゃんの手を握った。俺は、これがエロ親父かと思いながらも、慌てて身を隠した。旦那さんは、優美ちゃんを射止めたのが信じられないくらい、パッとしない普通のおっさんだった。
眼鏡をかけていて、優しそうな雰囲気。温和な学校教師……そんな感じに見える。ハッキリ言って、二人が手を繋いで歩いていると、よく言って親子、悪く言うと援交カップルにしか見えない。
でも、優美ちゃんの旦那さんを見る目が、本当に信頼と愛情に満ちあふれている感じで、上手く言えないが、嫉妬みたいな感情を持ってしまった。
そして、俺はこの事がきっかけになったように、積極的に動くようになった。「優美ちゃん、明日バイトないよね? ちょっと買い物付き合ってよ」『えっ? 買い物ですか?』「うん。妹の誕生日プレゼント探してるんだけど、俺ってセンスないからさ」『妹さんいるんですね! おいくつなんですか?』「19歳だよ。優美ちゃんとおんなじ。だから、なにが良いかわかるかなって思ってさ。助けてよ」『はい! 私でよかったら、お手伝いしますね!』と、疑うことなく笑顔で承諾してくれた。バイト先以外で優美ちゃんと会うのは、もちろん初めてだ。俺は、妙にドキドキしてしまった。でも、同時に優美ちゃんは人がよすぎるなと思っていた。俺に妹なんかいないからだw

次の日、渋谷の待ち合わせ場所に着いたら、まだ30分も前なのに、すでに優美ちゃんはいた。なんか、若いチャラ男にしきりに声をかけられていた。俺は、一瞬知り合いかな? と思ったけど、どう見てもナンパだった。
「おまたせ〜」俺は、少し声を張ってそう言った。すると、優美ちゃんがホッとしたように俺に向かって手を振り、ナンパチャラ男はバツが悪そうに立ち去った。
「知り合い?」俺は、わかっていてそう聞いた。『違います……。なんか、ナンパされたみたいです……』優美ちゃんは、不思議そうだ。俺は、不思議そうにする優美ちゃんが不思議だった。この人混みの中、まわりを見ても優美ちゃんより可愛かったり美人だったりする女性はいない。「みたいって、よくあるんじゃない? ナンパなんて、しょっちゅうでしょ?」『いえ……初めてです』「またまたぁ! んなわけないっしょ」『だって、一人で街に出るのほとんど初めてですから』「そうなの?」『いつも、パパさんと一緒ですから』「パパさん?」『あっ、その、主人です』「へぇ、パパさんって呼んでるんだw」『もう! からかわないでよぉ!』「ゴメン。でも、やっとため口になったw」『うん。やっと慣れたかも』「よかった。じゃあ、行こうか!」『はい!』こうやって、買い物は始まった。色々と悩んで、ああでもない、こうでもないとショップを巡って、1時間以上経った。俺は、二人で買い物をしているだけで、なんかドキドキした。ロリな彼女だけど、人妻……。そんな彼女と、二人きりでいる……。背徳的なスリルを感じた。
そして、俺では絶対に選ばない感じのスマホケースを選んでもらい、それを買った。まぁ、妹はいないけど、そのうち彼女が出来たときにあげれば良いかなと思った。
「本当にありがとう! まだ時間ある? お茶でもしようよ」『えっ? うん! 嬉しいなぁ』と、ニコニコしている優美ちゃん。俺は、たまに女の子と行くカフェに移動した。そこは、駅からはちょっと歩くけど、その分比較的すいていて、ゆっくり出来る。
『こんなカフェ、行ってみたいなって思ってたんだ!』「旦那さんと行けば良いじゃん」『うん……。なんか、渋谷とか人混みが苦手なんだ。イオンのスタバとかくらいしか行かないんだ……』少し寂しそうな優美ちゃん。「でも、大好きなんでしょ?」『うん! 優しいし、真面目だし、大好きだよ』この前ショッピングモールで見かけた時のような、良い笑顔になっている。俺は、ジェラシーを感じてしまった。
「じゃあ、俺と二人でお茶するの、マズいんじゃない?」『えっ、う、うん……松田さんは良いの! 特別なの!』優美ちゃんは、焦ったような感じで言う。「特別? なにが?」俺が聞くと、優美ちゃんは顔を真っ赤にしてうつむき、『その……優しいから……』と、もごもごと言った。俺は、何となくイケるなと感じた。「ホントに優美ちゃんは可愛いね。もっと早く出会いたかったよ」俺は、チャンスだと思ってたたみかけた。『そ、そんなことないです! 可愛くないよ……。からかわないで下さい』優美ちゃんは、耳まで赤くしている。ここまで男性に免疫がないなんて、逆に驚いてしまう。
「からかってなんかないよ。ホントに、旦那さんが羨ましいよ」『あ、ありがとう……』「じゃあ、そろそろ行こうか。あんまり遅くなったらダメでしょ?」『……パパさん、いつも遅いから……。まだ平気だよ』優美ちゃんは、迷った感じはあったが、結局そんな風に言った。
「じゃあ。遊びに行こうか?」『はいっ!』優美ちゃんは、吹っ切れたように良い笑顔で言った。そして、近くのゲームセンターに行ってUFOキャッチャーをしたり、プリクラを撮ったり、車のゲームで対戦をしたりして遊ぶと、優美ちゃんは本当に無邪気な顔で楽しそうに笑っていた。
少し短めのスカートに、シンプルなブラウスを着た優美ちゃんは、たぶん中高生にしか見えないと思う。彼女が人妻で、結婚してもう2年経つと言ったら、誰でも驚くと思う。でも、俺はさっきから勃起を抑えるのに必死だった。
ロリな彼女が、毎晩あの旦那にやられていると思うと、興奮が隠せない。こんなにウブで幼いイメージの彼女が、あんなことやこんなことまでしていると、勝手に妄想しただけで、チンポが固くなってしまう。
『あぁっ! 松田さん、ズルいっ!』カートゲームをしながら、子供のように無邪気にはしゃぐ彼女。接待モードで対戦しているけど、彼女が下手すぎてどうしても負けてあげることができない。そして、シートから立ち上がるとき、ミニスカートの奥がバッチリ見えてしまった。可愛らしいパンツを穿いているかと思いきや、黒のレースっぽいセクシー系のを履いているのが見えて、ドキッとしてしまった。
日も落ちた頃、俺は思いきって優美ちゃんの手を握ってみた。一瞬、ビクッとした彼女。でも、すぐに手を握りかえしてきて、『へへ。なんか、デートみたいだね』と、照れ臭そうに言ってきた。「え? デートでしょ? 俺はそのつもりだけど」『う、うん……デートだね……』優美ちゃんは、嬉しそうな感じと、悪いことをしてしまったという感じが入り混じった顔になっている。
「はい、これプレゼント!」そう言って、俺はさっき一緒に選んだスマホケースを渡した。『えっ? 妹さんのでしょ?』「ゴメン。妹なんていないんだ。優美ちゃんとデートしたくて、ウソついちゃった」俺は、正直に言った方がポイントが高いという計算でそんな事を言った。『……もう! 真剣に選んだのにぃ!』「怒った?」『うん! そんなウソつかなくても、誘ってくれたら喜んでデートしたのに……』優美ちゃんは、頬をほんのりと赤くしながら言った。俺は、完全にイケたなと判断して、彼女の手を引いて歩き始めた。『どこ行くの?』有美ちゃんは、少し緊張している感じだ。たぶん、俺の緊張が手を通して伝わったのだと思う。
俺は、そのまま手を繋いで歩き、俺の知っている限りで一番おしゃれなラブホテルに入った。優美ちゃんは、思った通りなんの抵抗もなく一緒に入ってくれた。部屋選びのパネルの前に行き、「これにするね」と言って一番可愛らしい感じの部屋を選んだ。こういう時、どれにするとか聞くと裏にハマることは経験でよくわかっていたので、ちょっと強引な感じで事を進めた。『……うん』優美ちゃんは、緊張している感じだ。でも、迷っている感じも、嫌がっている感じもない。
そして、部屋に入った俺達。『すっご〜い! こんな感じなんですね。なんか、おしゃれな感じなんだ』俺は、それに答えずに、彼女を抱きしめてキスをした。一瞬、身体を固くして優美ちゃん。でも、そっと目を閉じて身を任せてくれた。俺は、そのまま彼女の口の中に舌を突っ込み、彼女の小さな舌に舌を絡ませていった。
俺は、たかがキスなのに、今まで感じたことがないくらいの激しい興奮を感じていた。そして、そのまま彼女をソファに押し倒してみた。キスしたままソファに倒れ込む俺達。優美ちゃんは、目を開けて熱ぽい目で俺を見つめる。
【続きは出典元で】

・オリジナルの体験談一覧はこちらをクリック
・家庭教師先のママさんは、同級生よりも可愛くてエッチだったー完ー
・ツーリングに行ったら、道の駅で男の娘に話しかけられた6
・不妊に悩む妻と、オタクで童貞の兄が始めた代理子作り(kindle)
・友人夫婦と食事をしてたら、アレのサイズの話になって2
・嫁がパート先の工場長に、シリコンリングで身も心も堕とされていた4
・久しぶりに妻と温泉宿に行ったら、イケメン二人に声をかけられた3
・無邪気で可愛い母が、大家さんに寝取られ堕とされてしまったー完ー

【他サイトのエッチな幼妻、淫乱な熟妻の体験談はこちら】